公的機関の住宅ローン

貯金箱

適合住宅をチェック

フラット35の審査は民間銀行の住宅ローンに比べて甘いと言われています。その理由のひとつは、フラット35が住宅金融支援機構という国の機関から保証を受けていることでしょう。民間の銀行は利益を上げることが優先されるため、貸し倒れのリスクには敏感で審査も厳しくなりがちです。それに対して住宅金融支援機構は基本的に国民の福祉が目的なので、形式的な審査に通れば融資を受けられるのが一般的です。貸し倒れのリスクは国民全体が負うことになります。甘いと言われるフラット35でも、所得が低ければ審査に落ちる場合があります。具体的には所得に占めるローン返済額の割合が、年収400万円未満なら30%以下、年収400万円以上なら35%以下であることが条件です。ローン返済額はフラット35だけでなく、他のカードローンや教育ローンなどを含むすべての返済額の合計です。また頭金の割合が1割以下だと、通常よりも審査が厳しくなります。フラット35には適合する住宅の基準が設けられています。たとえば一戸建てなら床面積70平米以上で、耐火性や断熱性が基準を満たしている必要があります。条件を満たさない住宅を購入する場合には、フラット35は利用できません。フラット35では団体信用生命保険が任意加入なので、加入しない場合には審査を受ける必要がありません。このようにフラット35には、一般的な住宅ローンよりも審査の面で有利な点が多いと言えるでしょう。