長期住宅ローンの活用方法

貯金箱

融資実行までの流れ

フラット35は借り入れ期間が最大35年の個人向け住宅ローン商品であり、期間を通じてローン金利が固定金利である点が大きな特徴となっています。住宅ローンには変動金利ローンと固定金利ローンの2種類がありますが、固定金利ローンでも固定期間は融資実行後10年間といった部分固定型の商品が多いです。そのため、借り入れ期間を通じて同一の金利レートが適用されるフラット35は、将来の支払額の変動を好まない住宅購入者から大きな支持を集めています。フラット35の利用にあたっては、他の住宅ローン商品同様、申し込み審査があります。審査でチェックされる項目としては、主に申込者の職業や収入状況、他社からの融資借り入れ状況や担保の差し入れる不動産の物件価値などがチェックされます。審査でチェックする項目が多岐に亘ることから、フラット35の審査には一週間から二週間程度の時間を要するのが一般的です。従って、物件の売買契約締結や引渡しまでの期間があまり無い場合には、審査にかかる時間を考慮した上で前倒しで申込みを行う必要があるので注意が必要です。商品の申込みは銀行の窓口またはインターネットサイトで可能です。フラット35の利用に適した場面とは、主に将来的に金利が上昇していくと予想される局面です。フラット35では前述の通り、申込み時に確定した金利レートが借り入れ期間中ずっと適用されるので、仮に将来的に金利が大幅に上昇したとしても金利レートが見直される心配がないからです。