落とし穴に注意

男性

基準が独特

住宅ローンは一生に一度利用するかしないかという商品のため、落とし穴に気付かずに利用している人も多いです。フラット35は国の住宅ローンという位置づけで、低金利かつ全期間固定金利、保証料無料という特徴があります。また、審査が甘いのも特徴ですが、一般的な住宅ローンとはまた違った注意点があります。フラット35の審査が民間の住宅ローンと違うのは、重視するのが返済能力ではないということです。フラット35で重視するのは、定めた技術基準を満たした住宅かどうかという点になります。建売住宅の場合はフラット35の審査に通りやすく造っていることが多いのですが、例えば狭小地に造った注文住宅の場合は、延べ床面積で技術基準から弾かれてしまう可能性が高いです。さらに中古住宅の場合は新築の基準に耐震基準も加わるので、審査はより厳しくなります。それから、フラット35は様々な金融機関で用意されていますが、金融機関も不動産屋も推奨しないために利用しにくいという落とし穴も挙げられます。金融機関にとってはフラット35は代理販売となるので、紹介手数料しか利益が得られません。ですから、利息収入が見込まれる自社の住宅ローンを勧めるのが当然なのです。自社の住宅ローンの審査に落ちた場合にだけ、フラット35を勧めてくることが多いです。ですが、利用者が確固たる意思を持っていればフラット35の利用は難しくはありません。審査の技術基準を満たしていれば利用できると考えていいでしょう。