目に良い成分

目に良い成分として話題なのが、アントシアニンです。これはポリフェノールの一種で、ブルーベリーに配合されている成分です。目の網膜の働きを整えてくれるので、目の疲労に効果的です。

この記事を読む

発展による生活の乱れ

眼の疲れを癒やす効果のあるアントシアニンが配合されたサプリメントを服用してみましょう。眼を酷使するからこそきちんと休めてあげましょう!

時代の変化に伴って脳梗塞が増加

昔と比べて今は経済が発展しました。そのおかげで生活が豊かになりました。ものが溢れ交通網が便利になりIT化が進みました。豊かになり便利になったのは良いのですがかわりに病気にかかりやすくなったと思います。その原因として考えられるのが栄養バランスの乱れやアルコールの飲み過ぎや喫煙、運動不足が原因ではないでしょうか。そして今多いのが脳梗塞になる人です。脳梗塞とは血管の中が傷付いたりして血液の流れが悪くなり血栓となって詰まり起きる病気です。脳梗塞の前兆としては頭痛や手足の痺れなどから始まり、酷くなると障害が残ったり下手したら死亡したりします。このようにならないように今から脳梗塞予防をしないといけません。

今後も予防に注目が集まる

脳梗塞予防のために日々の取り組むことが大切です。1番は食事で予防します。血液の流れを良くするためDHAやEPAを取りましょう。DHAとEPAは青魚に多く含まれています。DHAとEPAはコレステロールと中性脂肪を減らし動脈硬化を予防します。血液を凝固するのを防いで血栓を予防する働きがあります。しかしなかなか食事で取れない人もいるはずです。そういう人にはサプリメントがおすすめです。簡単に手軽に取ることが出来るので忙しい人にはピッタリです。また食事するときに濃い味には気をつけましょう。濃い味には塩分がたくさん入っています。塩分をとりすぎると高血圧になり動脈硬化を引き起こす可能性があります。そうならないように薄味にしましょう。最近では食品や食事の表示に塩分もきちんと記載されているのできちんと確認してください。今減塩の調味料などが増えてきています。これは健康に気をつかう人が多くなってきたためだと思います。これからも減塩した料理や商品が次々と販売されていくと思います。また、アントシアニンなどメタボに効果的な健康食品を摂ることで、予防することが出来ます。