長期住宅ローンの活用方法

貯金箱

フラット35は借り入れ期間が最大35年間で、全期間固定金利が適用される個人向け住宅ローン商品です。利用にあたっては審査があり、審査完了までには1週間から2週間程度の時間を要するので、売買日が近い場合は前倒しで申込みの準備を行う必要があります。

詳しく見る

落とし穴に注意

男性

フラット35は低金利かつ全期間固定金利、保証料無料というメリットがあるものの、独自に定めた技術基準をベースに審査されるので、一般的なローンの審査とは全くの別物です。予め審査基準を満たした住宅かチェックしてみるといいでしょう。

詳しく見る

利用者に指示される理由

財布を持つ人

フラット35は借入時の金利が完済まで続くため、特に金利の低いときに審査を受け契約しておくと安心です。将来にわたり月々の返済額を確定できるので、先を見越したい方に支持されています。また、繰上返済の手数料がかからない点も魅力の一つです。

詳しく見る

物件も対象となる

お金

フラット35の審査を受けるということであれば、きちんと基本を理解しておくということがとても大事です。基本としては、頭金がどれくらいあるのかで審査結果なども大きく変化していくという部分があります。1割以下は厳しくなります。

詳しく見る

公的機関の住宅ローン

貯金箱

フラット35は住宅金融支援機構がサポートしているため、民間銀行の住宅ローンに比べて審査が甘いと言われています。年収と返済額の比率や、適合する住宅の基準を満たしていれば、審査に通ることは難しくありません。

詳しく見る

収入要件がない

マネー

雇用形態の制限がない

住宅の購入費はかなり高額な支払いとなりますので、一括で返済できるという例はあまり多くありません。そこで長期の住宅ローンを組んで無理のない返済を選ぶ人は多いものです。フラット35は全期間固定金利となっており、返済計画が立てやすいローンとして人気となっています。フラット35での借入を行う場合もやはり審査はありますので、申し込む前には審査基準も知っておきましょう。まず、フラット35は保証人や保証料が不用で申し込みができます。そして、お金を借りる場合は勤続年数や雇用形態が重視されることが多いですが、フラットの場合は収入要件がありませんし、雇用形態の制限もありませんので、自営業の人や派遣社員の人にも申し込みができます。さらに勤続年数の要件もありませんので、転職後間もないという人にも利用しやすいと言えるでしょう。このほかの審査基準としては申し込み時の年齢が70歳未満であるということがあげられますが、親子リレーで返済する場合は70歳以上でも申し込みができます。借りられる金額はその人の収入に応じたものとなりますが、直結かつ同居している親族がいる場合はその人の収入と合算することもできます。基準を満たしている場合も、現在多くの借入金額がある、過去に債務整理をしているなどの場合は審査が厳しくなる可能性もあります。それからフラット35では建物の技術基準が厳密に見られるという独自の審査もありますので、その基準を満たした建物であるということも大事です。